帯状疱疹《たいじょうほうしん》

帯状疱疹と診断され治るまで、『どのように生活したらよいのか...』とお考えのことと思います。
そこで皆様に病気についての注意点を知っていただき、少しでも早い回復のお力になれれば...ご参考にしてください。

帯状疱疹ワクチン
・対象50歳以上
・免疫抑制状態にある方、免疫抑制剤使用中の方、ステロイド剤内服中の方は 接種できません。

《帯状疱疹とは?》
水ぼうそうと同じウイルスです。子供の頃に水ぼうそうにかかった時のウイルスは大人になっても身体の中に眠っています。
これが、発熱・月経・ストレスなど、体力が弱った時活動を始め発症します。

《症状とこれからの経過は、どうなっていきますか?》
身体に現れる主な症状は、神経痛、紅班(赤いぶつぶつ)、小さい水疱かゆみ、発熱、リンパ腺の腫れ等です。
神経痛や水疱は、「片側の神経にそってできるので、顔の左右どちらか、足の左右どちらか、胸から背中にかけて帯状に」できます。
水疱は、かさぶたになりはがれ落ち、治癒します。
顔に発症した人は、まぶたの腫れ、目の充血、耳が聞こえにくくなる事があります。
眼科、耳鼻科への受診が必要になることもあります。

《他人にうつることは、ありますか?》
水ぼうそうにかかったことのない子供・老人・病気の方など抵抗力が弱い人へ水疱内のウイルスから感染することがあるので必要以上の接触は避けましょう。


ページトップへ