水虫

《水虫の原因はカビ!》
水虫はカビの一種である「白癬菌」が原因で起こる感染症です。「白癬菌」はケラチンというたんぱく質が大好物です。
ケラチンを多く含む皮膚の角質や爪や毛が「白癬菌」の絶好のすみかとなります。

《水虫のタイプ》
1)趾間型
最もよく見られる型で、足の指の間が白くふやけて皮がむけます。第4番目(くすり指)と5番目(小指)の指の間に多く発症します。
春~夏にかけて、発症、悪化しやすく、かゆみをともなうことが多くあります。
2)小水疱型
土ふまずや足のふちに小さな水疱(水ぶくれ)ができます。
春~夏にかけて、発症、悪化しやすく、かゆみをともなうことが多くあります。
3)角質増殖型
足の裏、特にかかとの部分の角質が厚くなり、表面がゴワゴワになり皮がむけてきます。1年を通して症状はあまり変化しません。
かゆみをともなわないことが多いです。
4)爪白癬
足の水虫が爪に徐々に入りこみ、爪が白く濁ったり、厚くなり変形したりします。かゆみなどの自覚症状はありませんが、水虫を繰り返す原因になります。

《水虫の疑問・質問》
1)足以外の部分にも白癬菌は感染するの?
白癬菌(水虫の原因菌)は身体のほかの部分にも感染します。
2)洗濯物は一緒に洗ってもいい?
洗濯物は一緒に洗っても全く問題はありません。
3)水虫の薬はいつ塗るのが効果的?
お風呂上りが効果的です。角質は厚く水分が少ないので薬が浸透しにくいのですが、入浴後は角質がやわらかくなり、薬が浸透しやすくなっています。>

《水虫予防のポイント》
1)清潔に心がけましょう
足は毎日、石鹸を使って洗い、指の間もよく洗いましょう。
2)乾燥させることも忘れずに
白癬菌は高温多湿を好みます。せっかくきれいに足を洗っても、指の間などに水分が残っていると、白癬菌に感染しやすくなります。水分はきれいにふき取り乾燥させましょう。
3)通気性を心がけて
靴下や靴は、通気性のよい清潔なものを着用し、長時間靴を履き続ける人はときどき靴を脱いで、風を通しましょう。5本指ソックスがオススメです。
4)家族に水虫の人がいたら
水虫にかかっている人が落とした白癬菌に感染しないように床は掃除機でこまめに掃除をし、お風呂場の足ふきマットなどもよく洗い、日光で干すなどして乾燥させましょう。スリッパなどの履物は共有しないように!


水虫の症状がなくなっても、白癬菌は皮膚の中で生きている可能性があります。自分の判断でやめずに医師の指示にしたがいましょう。

ページトップへ