いなげファミリー内科クリニック MENU
  • ― 担当医師 ―
    院長

消化器内科

  • 胃痛、腹痛、吐き気、下痢、排尿痛などの症状
  • ピロリ菌検査:随時
  • 胃カメラ(上部内視鏡検査):
  • 検査の流れ
  • 口の中、食道、胃、十二指腸などの上部消化管の状態を調べる為の検査です。
  • 最大の目的は
  • 食道、胃の癌を早期に見つけること。 勿論、その他の病気も見つけることです。
  • 現在、いなげファミリー内科クリニックでは経口内視鏡をおこなっています。

  • 検査の流れ
  • 診察時
    上部内視鏡検査の予約をします。
    検査日の10日前までに、感染症検査と説明、同意書記入をして頂きます。
  • 検査前日
    夕食は午後9時までに済ませ、その後飲食は禁止です。
    (水分補給は可能です)
    検査日の10日前までに、感染症検査と説明、同意書記入をして頂きます。
  • 検査当日
    検査前処置として、白い液体の薬を飲みます。(消泡剤)喉の奥に麻酔のスプレーをします。
    不安の強い方は検査前に鎮静剤の注射を行います。ウトウトするくらいの軽い鎮静剤の量です。
  • 上部内視鏡検査(胃カメラ)を受けます。10分〜15分で終了します。
  • 検査終了
    検査結果を聞きます。
    組織を採取した場合は、後日検査結果を聞きます。
  • ※癌の早期はほとんど症状がありません。 早期に見つけることにより早期に治療をし その結果、根治は得られやすいと言えます。 年に1回の検査を是非お勧めします