北本駅東口クリニック

禁煙外来

<タバコの害>

タバコの害 タバコの煙には50種類以上の発がん性物質が含まれており、肺がん、食道がん、胃がん、子宮頚がんなど、さまざまながんを引き起こします。また心筋梗塞、くも膜下出血、閉塞性動脈硬化症、認知症など、重大な病気のリスクが高くなり、タバコを吸う人は吸わない人よりも10年余命が短くなることが知られています。美容面でも悪影響があり、タバコを吸う人は吸わない人よりも深いシワが目立つ老け顔になります。

<受動喫煙>

タバコに含まれる有害物質や発がん物質は、家族や友人、同僚など、大切な人の健康も奪います。副流煙(火のついた先から立ち上る煙)は主流煙(タバコを吸う人が直接吸い込む煙)に比べてニコチンが2.8倍、タールが3.4倍、一酸化炭素が4.7倍も多く含まれています。

受動喫煙

<ニコチン依存症>

ニコチン依存症 タバコに含まれるニコチンは非常に依存性が高く、それゆえタバコをやめたくてもやめられない、「ニコチン依存症」の状態になります。

<禁煙外来>

禁煙をすることにより、重大な病気のリスクが低くなり、呼吸も楽になります。禁煙は早ければ早いほどメリットがあります。当院では飲み薬もしくはニコチンパッチを使用して禁煙をサポートします。通院回数は初診日、2週間後、4週間後、8週間後、12週間後の合計5回です。保険適用で治療が可能であり、必要な費用は3割負担の方で、合計19000円程度です。

禁煙外来

禁煙を希望する方、ニコチン依存症のためにタバコをやめたくてもやめられない方、家族のために早期の禁煙が必要な方、ぜひ一度、当院にご相談下さい。