お問い合わせ
予約専用ダイヤル
診療受付時間
head_img_slim

保険診療

手湿疹

手湿疹とは

  • 手湿疹とは手のひらや手の甲、指におこる湿疹の総称です。
    原因は乾燥や物理的な刺激、薬剤などによる化学的刺激、遅延型・即時型アレルギーなど様々あります。 またアトピー性皮膚炎や光線過敏性皮膚炎、手白癬、掌蹠膿疱症、汗疱などが隠れていることもあります。

症 状
※写真は最新皮膚科学体系より抜粋

  • ●刺激性
    手のひらや指、爪周囲など刺激が加わりやすい場所に乾燥や軽度の発赤から始まります。
    刺激が続くと徐々に拡大し、ただれや水ぶくれが出現します。 さらに刺激を繰り返すと皮膚が厚くなったり、亀裂が出てきたりします。
    ●遅延型アレルギー性
    主にゴムや工業製品・薬品などに触れて1〜2日後に、指先や手のひらなど原因物質に接触した部位に発赤や水ぶくれが出たり皮が剥けたりします。
    ●即時型アレルギー性
    甲殻類や小麦、ラテックスなどが原因で起こり、触れた部位に痒みと腫れが生じます。
    時に痛みや熱感も出てきます。
    手湿疹 手湿疹

検 査

  • 水虫やカンジダ症など疑われる場合は剥けた皮を一部採り顕微鏡で調べます。
    遅延型アレルギーが疑われる場合はパッチテストが必要な場合があります。 即時型アレルギーが疑われる場合は採血検査やチャレンジテストなど必要な場合があります。

治療

  • ●外用療法
    ステロイド剤(アンテベート®など)や保湿剤(ヒルドイドソフト軟膏®など)を病変部に塗り治療します。
    亀裂が生じている場合はステロイド含有テープ剤(ドレニゾンテープ®など)を使用することもあります。

  • ●内服療法
    痒みや皮膚症状が強い場合に抗アレルギー薬(アレグラ®など)を併用することがあります。

  • ●保湿、原因除去
    過度な手洗いがある場合はやめて頂き、家事や水仕事の際には手袋や保湿クリームを使用して頂きます。
    また、原因物質が明らかな場合は可能な限り接触しないようにして頂きます。