お問い合わせ
予約専用ダイヤル
診療受付時間
head_img_slim

保険診療

皮脂欠乏症

皮脂欠乏症とは

  • 皮脂欠乏症とは、皮膚の角層の水分保持機能が低下し乾燥した状態です。 角層が破壊されているため皮膚のバリア機能が低下し、外からの刺激を受けやすくなることで痒みを伴い、 湿疹となることがあります。(皮脂欠乏性湿疹) 皮膚の水分保持機能には皮脂や天然保湿因子、細胞間物質が関係していて加齢とともに減少します。 その他に冬期の乾燥、入浴中のタオルでの擦り洗い、過度の洗顔や手洗いなども原因となります。

症 状

  • 皮膚は乾燥し、粉をふいたような見た目になったり、網目状に亀裂が生じたりします。
  • 乾燥が強いと痒みも強くなり、繰り返し引っ掻くことで発赤やかさぶた、亀裂が生じます。
  • 脛に起こりやすく、次いで腹部、用部、肩、太もも、腕などが起こりやすい部位です。
  • 季節は秋~冬にかけて悪化することが多く、汗をかきやすい夏は改善します。

  • 皮脂欠乏症(乾皮症) 皮脂欠乏症(乾皮症)
    ※写真は最新皮膚科学体系より抜粋

検 査

  • 特別な検査はありません。

治療

  • <塗り薬>
  • 保湿剤(ヒルドイドソフト軟膏®、ビーソフテンローション®など)
  • 湿疹が強い場合はステロイド外用剤(リドメックス軟膏®、メサデルムクリーム®など)を併用します。
  • 皮脂欠乏症(乾皮症)
    皮脂欠乏症(乾皮症)

  • <飲み薬>
  • 痒みが強い場合は抗アレルギー薬(アレジオン®、セルテクト®など)の内服を併用します。

  • ※頻回の入浴や高い湯温、刺激の強い石鹸・ボディソープの使用、 タオルによる強い摩擦などを行っている方の場合は生活習慣の改善が最も大切です。