船橋市 新京成線滝不動駅 徒歩1分の内科 土日祝日も診療 吉沼医院 スタッフ紹介

内科 吉沼医院
更新情報・お知らせスタッフブログ採用情報

スタッフ紹介

木村院長
院長ごあいさつ

院長略歴

京都府立医科大学 生体機能制御学 大学院卒業
医学博士
京都府立医科大学第一内科、
京都第二赤十字病院 血液内科、
甲南病院、順天堂大学  糖尿病・代謝内科
等歴任

ごあいさつ

 吉沼医院は、滝不動駅前に内科クリニックとして開設し、早や、15年目を突破いたしました。 従来の呼吸器・循環器疾患や諸々の検査に加え、糖尿病・リュウマチ・消化器疾患にも専門性を発揮できるよう努めております。
 更に、2015年8月からは、日曜日や祝祭日の急患の患者さんも診察させていただけるように診療体制を見直し、土曜日も日曜日および祝日も、午前・午後フル体制で診察を受け付けさせていただいております。土日・祝日に急病等でお困りの際は、どうぞ当院をご利用ください。
 また、健康診断や予防接種、各種検診等では、船橋、習志野、鎌ヶ谷、松戸、柏の各地域など、京成線・新京成線沿線にお住いの方々の「お安く実施したい」とのご希望にお応えすべく、自費・自由診療の分野では格安な料金設定を心がけております。
 患者様のご希望や必要に応じて、近隣の専門病院や大学病院とも連携し、最善の医療行為をなせるようこれからも努力してまいります。

 平成27年9月吉日
 院長 木村 瑞穂

吉沼正喜医師
 (医学博士)

ごあいさつ

 専門は、循環器疾患(心臓や血管の病気)、呼吸器疾患(肺の病気)を中心とした内科全般。 胸の圧迫感、動悸、息切れ、足のむくみ、長く続く咳・痰などでお困りの方はぜひ御相談ください。
 「狭心症や心筋梗塞」の症状は、労作時の胸の痛みや圧迫感が典型的ですが、みぞおちの痛み、喉の締め付け感や胸焼け感、左腕のだるさ、歯痛などの症状を呈することもあり、多くの症例を経験した「循環器専門医」でなければ見逃してしまうこともあります。
 「長引く咳の原因」はさまざまですが、肺癌と結核は見逃さないよう気をつけています。 日本は、先進国の中では結核の多い国であり、私も結核の診断には常に注意を払っております。 結核は、様々な症状を呈するため他の内科疾患や他科の疾患と間違われてしまうことも多く診断の難しい病気でもあります。一般に「結核の診断は全科の医師ができなければならない」と言われています。
 また気管支喘息でも胸の雑音がないタイプがあり(咳喘息と呼ばれています)、風邪の後いつも咳が何週間も続くといった方は咳喘息の可能性があります。
 高血圧、糖尿病、高脂血症等の「生活習慣病」も強みとしています。 比較的訴えの多い「めまい、しびれ、頭痛」に関しても原因の究明に努め、内科以外の原因が疑われる場合は、適切な診療科をご紹介いたします。
 13年に渡る、開業医としての経験をフルに発揮させて頂き、患者さん各位の症状に応じた最適な診断および処置を実施させていただきます。

担当医師

平成29(2017)年8月より変更になりました。

●木村院長 (■水曜日~土曜日)
糖尿病、高血圧症、脂質異常症(コレステロールや中性脂肪が高くなる病気)を中心とした生活習慣病、膠原病、内科全般

●吉沼医師 (■第2~第5日曜日、月曜日、火曜日)
循環器疾患(心臓や血管の病気)、呼吸器疾患(肺の病気)を中心とした内科全般、
高血圧、糖尿病、高脂血症等の「生活習慣病」

●非常勤医師 (■第1~第5日曜日午前、第1日曜日午後)内科

▲ PAGETOP