マッサージピール

マッサージピール(コラーゲンピール)とは

マッサージピールとはイタリア製の特殊な薬剤(PRX-T33)を使用した、新しいコンセプトのケミカルピーリングです。優しくマッサージをしながら薬剤を浸透させることで線維芽細胞の成長因子の産生を増強し、コラーゲン新生を促すことで肌のハリや弾力をもたらしてくれます。また、コウジ酸の作用によりメラニン沈着を抑えることでシミやくすみの改善も期待できます。他のピーリングとは異なり、表皮の角質にはほとんど作用することがなく、皮膚の剥脱を引き起こさずにピーリング治療を行うことができます

薬剤(PRX-T33)について

PRX-T33の主な有効成分として高濃度トリクロロ酢酸(TCA)、過酸化水素(H2O2)、コウジ酸の3つがあり、それぞれ以下のような作用を持ち、相乗効果で治療効果を高めています。

高濃度トリクロロ酢酸(TCA)

薬剤には33%のトリクロロ酢酸が含まれており、真皮まで浸透してバランス良く刺激を加えることで成長因子を増殖させたり、ホルモン前駆体であるプロオピオメラノコルチン(POMC)の分泌を促したりすることで新たなコラーゲン形成をもたらします。本来は強い炎症と剥離作用をもちますが、過酸化水素との相乗効果によりそれらの刺激作用を起こすことなく使用することができます。

過酸化水素(H2O2)

TCAの作用に対する皮膚の反応を促進させることで、新たなコラーゲン形成をもたらします。また、皮膚の表層を通過する際にTCAの水素イオンの刺激性の高い作用を低減し、角層のタンパク質の変性を防いで水分を放出します。他にも線維芽細胞増殖因子(FGF-2)の受容体への親和性を向上させ、リンパ単球の活性を調整することでTCAによって生じる炎症を調節する作用があります。

コウジ酸

チロシナーゼ阻害作用により、シミの原因となるメラニンの沈着を抑えます。また、キレート作用があり、炎症後色素過剰(PIH)を防ぐことができます。

特徴

施術時間

初回のカウンセリング・診察が約20分、施術時間は部位により異なりますが、おおむね10〜30分となります。
施術時の痛み・赤み
痛みはほとんどありませんが、初回のカウンセリング・診察が約20分、施術時間は部位により異なりますが、おおむね10〜30分となります。

ダウンタイム

患者様のお肌の状態にもよりますが、一般的にダウンタイムはほとんどありません。施術後からお化粧は可能です。

来院間隔の目安

2〜3週間ごとに1回、これを5回ほど繰り返して1クールとなります。1クール終了後は6〜8週間空けて2クール目を行うか、メンテナンスとして1ヶ月に1回の間隔で施術を受けることをオススメしています。

注意事項

  • 妊娠中および妊娠の可能性がある方、授乳中の方には施術を行うことはできません。
  • 脂漏性皮膚炎やヘルペスなど皮膚に強い炎症がある方には施術を行うことはできません。
  • トリクロロ酢酸やコウジ酸に対するアレルギーがある方には施術を行うことはできません。
  • トレチノインや一部のにきび薬を使用している方は施術2週間前から中止して頂く必要があります。
  • レーザーやHIFUなど他の治療を受けている場合、2週間以上間を空けて施術を受けて頂く必要があります。

施術の流れ

1診察・カウンセリング

同意書を用いてスタッフから施術についての説明を受けて頂きます。
その後医師が診察を行いお肌の状態を確認いたします。ご不明な点がありましたら気兼ねなくお尋ね下さい。

2クレンジング・洗顔

クレンジング・洗顔を行って頂き、しっかりメイクと油分を落として頂きます。

3写真撮影

治療経過がわかるようにカルテ用の写真を取らせて頂きます。
事情があり撮影をお断りする場合はお申し出下さい。

4施術

マッサージをしながら薬剤を皮膚に浸透させていきます。
痛みや赤みの程度によって施術を微調整しますので、施術中に痛みの程度をお伺いいたします。

施術

施術

5スキンケア・メイク

マッサージ後薬剤を軽く拭き取り、水で洗い流します。
その後保湿クリームを塗布します。
施術終了後はメイクルームでスキンケアをして頂きます。施術後からメイクは可能です。

TOPへ